スマホ用壁紙の無料素材提供サイトです

「壁紙素材の利用の仕方」を説明しているページ

Home >壁紙素材の使い方

壁紙素材の使い方と素材写真について

1.使い方⇒トリミングしてお使いください

端末の壁紙設定機能を利用して、液晶の解像度にピッタリの壁紙サイズになるように、「トリミング」して使っていただくことを前提にしています。

拡大表示による画質劣化防止のために、壁紙素材の縦サイズが端末の液晶解像度(縦サイズ)よりも大きいものを選択してください。 (もっとも、本サイトに掲載している壁紙素材の縦サイズは3000pxで提供しているものがほとんどなので特別に高画質の液晶でなければ十分に余裕があると思います。)

設定の流れ

(1)好みの壁紙素材を『保存』

壁紙素材写真の保存方法は端末によって多少異なりますが、基本的には写真を”長押し”すると、「メニュー」が表示されるので、後はその内容にしたがって『保存』してください。

          ↓

(2)壁紙設定方法にしたがい保存した壁紙素材を表示

          ↓

(3)壁紙として使いたい範囲をトリミング

端末に備わっている機能だけでも基本的なトリミングはできると思います。専用の壁紙アプリを使えばさらに高度な設定ができるようです。

          ↓

(4)壁紙を設定する画面を選択

ロック画面」だけに設定する、「ホーム画面」だけに設定する、あるいはその両方に設定するかを選択します。

2.壁紙素材の縦横比と解像度について

本サイトで提供している壁紙用素材写真に関して、元写真によって提供サイズは多少異なる場合があります。

しかし、アスペクト比(縦横比)はすべて【2:3(縦×横)】で統一しています。

ほとんどの素材は縦サイズ【2500px】以上を確保しています。

また、最近撮影した作品(野鳥や沖縄の写真など)は、そのほとんどは【3000px】を確保しているので、4K端末を含めてほとんどのスマートフォンの解像度に対応しています。(2018年8月現在)

端末によっては、たとえ同じアスペクト比とされていても、縦横比が微妙に異なるので、利用者がご自分で好みの部分をトリミングしてぴったりサイズの壁紙に設定することを前提にしています。

また、iPhone端末は現時点ではロック画面もホーム画面も同じサイズの縦長の壁紙になります。

一方で、アンドロイド端末に関しては、縦サイズはそのままで横サイズだけを2倍にしたのが「ホーム画面」用の基本的な壁紙サイズになっているので、ほとんどが真四角よりも少し横に長いサイズになります。

3.トリミング前提の壁紙素材の理由

端末によって、Androidのホーム画面はホームアプリによって表示されるホーム画面数が異なり、アスペクト比も数種類あります。

さらには、同じアスペクト比とされていても縦横比が微妙に異なっている場合があるので、ぴったりと画像を当てはめることが難しいのが実情です。

壁紙を制作する立場からすると、様々なアスペクト比に加えて、微妙な縦横比の差を考慮して、全ての端末にピッタリ対応する壁紙を制作することは大変な労力であり無料で提供できる範囲を超えています。

このような理由から、トリミングを前提にした壁紙素材写真を提供させていただいております。

- HOME -