スマホ用壁紙の写真素材(無料)提供サイトです

「野鳥」写真の壁紙素材コーナーです

Home >野鳥

公園や低山の探鳥ウォーキングで観察できる、主に小鳥を中心とした野鳥写真の壁紙素材(無料)です。

夏鳥・冬鳥・オオルリ・カワセミ・ジョウビタキ・ルリビタキ・ウグイス・エナガ・ヤマガラ・ヒガラ

-野鳥ー

オオルリ(夏鳥)|日本三鳴鳥の1種であるオオルリのオスは、名前の由来になっている瑠璃色の綺麗な羽と美しい囀りで人気 オオルリ(夏鳥)|日本三鳴鳥の1種であるオオルリのオスは、名前の由来になっている瑠璃色の綺麗な羽と美しい囀りで人気 オオルリ(夏鳥)|日本三鳴鳥の1種であるオオルリのオスは、名前の由来になっている瑠璃色の綺麗な羽と美しい囀りで人気 オオルリ(夏鳥)|日本三鳴鳥の1種であるオオルリのオスは、名前の由来になっている瑠璃色の綺麗な羽と美しい囀りで人気 オオルリ(夏鳥)|日本三鳴鳥の1種であるオオルリのオスは、名前の由来になっている瑠璃色の綺麗な羽と美しい囀りで人気 オオルリ(夏鳥)|日本三鳴鳥の1種であるオオルリのオスは、名前の由来になっている瑠璃色の綺麗な羽と美しい囀りで人気 ルリビタキ(漂鳥)|ルリビタキ、オオルリ、コルリの青い鳥3種を”瑠璃3鳥”という。中でもルリビタキは冬に公園などで見られる身近な”青い鳥”として人気が高い。 ルリビタキ(漂鳥)|ルリビタキ、オオルリ、コルリの青い鳥3種を”瑠璃3鳥”という。中でもルリビタキは冬に公園などで見られる身近な”青い鳥”として人気が高い。 ルリビタキ(漂鳥)|ルリビタキ、オオルリ、コルリの青い鳥3種を”瑠璃3鳥”という。中でもルリビタキは冬に公園などで見られる身近な”青い鳥”として人気が高い。 ルリビタキ(漂鳥)|ルリビタキ、オオルリ、コルリの青い鳥3種を”瑠璃3鳥”という。中でもルリビタキは冬に公園などで見られる身近な”青い鳥”として人気が高い。 ルリビタキ(漂鳥)|ルリビタキ、オオルリ、コルリの青い鳥3種を”瑠璃3鳥”という。中でもルリビタキは冬に公園などで見られる身近な”青い鳥”として人気が高い。 ルリビタキ(漂鳥)|ルリビタキ、オオルリ、コルリの青い鳥3種を”瑠璃3鳥”という。中でもルリビタキは冬に公園などで見られる身近な”青い鳥”として人気が高い。 カワセミ(留鳥)|成鳥は、背はコバルトブルーで腹はオレンジ色で足は赤い。空飛ぶ宝石、水辺の宝石と例えられるが、水面近くを直線的に飛翔する姿は実に美しい カワセミ(留鳥)|成鳥は、背はコバルトブルーで腹はオレンジ色で足は赤い。空飛ぶ宝石、水辺の宝石と例えられるが、水面近くを直線的に飛翔する姿は実に美しい カワセミ(留鳥)|成鳥は、背はコバルトブルーで腹はオレンジ色で足は赤い。空飛ぶ宝石、水辺の宝石と例えられるが、水面近くを直線的に飛翔する姿は実に美しい
カワセミ(留鳥)|成鳥は、背はコバルトブルーで腹はオレンジ色で足は赤い。空飛ぶ宝石、水辺の宝石と例えられるが、水面近くを直線的に飛翔する姿は実に美しい カワセミ(留鳥)|成鳥は、背はコバルトブルーで腹はオレンジ色で足は赤い。空飛ぶ宝石、水辺の宝石と例えられるが、水面近くを直線的に飛翔する姿は実に美しい カワセミ(留鳥)|成鳥は、背はコバルトブルーで腹はオレンジ色で足は赤い。空飛ぶ宝石、水辺の宝石と例えられるが、水面近くを直線的に飛翔する姿は実に美しい ジョウビタキ(冬鳥)|オスは、頭上と後頸部は白灰色、体下面は赤橙色で日に当たると鮮やか。顔から喉は黒い。背は黒褐色で両翼には大きな白斑があり、よく目立つ ジョウビタキ(冬鳥)|オスは、頭上と後頸部は白灰色、体下面は赤橙色で日に当たると鮮やか。顔から喉は黒い。背は黒褐色で両翼には大きな白斑があり、よく目立つ ジョウビタキ(冬鳥)|オスは、頭上と後頸部は白灰色、体下面は赤橙色で日に当たると鮮やか。顔から喉は黒い。背は黒褐色で両翼には大きな白斑があり、よく目立つ ジョウビタキ(冬鳥)|メスは、頭部から体上面が灰褐色で、体下面は色が淡い灰褐色。腰と尾羽に赤橙色があるがオスよりも淡い。オスと同様に、両翼に白斑があるが、オスのものよりも小さい。 ジョウビタキ(冬鳥)|メスは、頭部から体上面が灰褐色で、体下面は色が淡い灰褐色。腰と尾羽に赤橙色があるがオスよりも淡い。オスと同様に、両翼に白斑があるが、オスのものよりも小さい。 ジョウビタキ(冬鳥)|メスは、頭部から体上面が灰褐色で、体下面は色が淡い灰褐色。腰と尾羽に赤橙色があるがオスよりも淡い。オスと同様に、両翼に白斑があるが、オスのものよりも小さい。 キビタキは、雌雄異色の夏鳥。オスは、さえずりが美しく、喉の橙色と体下面の黄色が鮮やか キビタキは、雌雄異色の夏鳥。オスは、さえずりが美しく、喉の橙色と体下面の黄色が鮮やか キビタキは、雌雄異色の夏鳥。オスは、さえずりが美しく、喉の橙色と体下面の黄色が鮮やか ヤマガラは、留鳥または漂鳥で雌雄同色。背中上部と体下面のレンガ色が目立つカラ類。毎年ほぼ同じ場所を縄張りとし、一夫一妻でパートナーが死ぬまで添い遂げるので、つがいの絆が固い鳥として知られる。2羽で森の中を移動するが、シジュウカラ、メジロ、コゲラ、エナガなどとよく混群も形成する。秋になると枝にぶら下がってエゴノキの実などを採る姿や枝上で実を器用に両足で挟んでくちばしで「コンコンコン」とつつき割り種子だけを食べる姿をよく見かける。 ヤマガラは、留鳥または漂鳥で雌雄同色。背中上部と体下面のレンガ色が目立つカラ類。2羽で森の中を移動するが、シジュウカラ、メジロ、コゲラ、エナガなどとよく混群も形成する。秋になると枝にぶら下がってエゴノキの実などを採る姿や枝上で実を器用に両足で挟んでくちばしで「コンコンコン」とつつき割り種子だけを食べる姿をよく見かける。 ヤマガラは、留鳥または漂鳥で雌雄同色。背中上部と体下面のレンガ色が目立つカラ類。毎年ほぼ同じ場所を縄張りとし、一夫一妻。2羽で森の中を移動する姿がよく見られる。シジュウカラ、メジロ、コゲラ、エナガなどとよく混群も形成する。秋になると樹の実を枝上で器用に両足で挟んでくちばしで「コンコンコン」とつつき割り種子だけを食べる姿をよく見かける。
エナガは日本で2番目に小さい鳥で全長は14cmあるが、そのうち尾の長さが約半分を占めるので体そのものはとても小さい。北海道には亜種の顔が真っ白な”シマエナガ”が生息している。嘴(くちばし)が小さく、首のくびれが全くないのでコロンとしたその姿が実に愛らしい。シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ・メジロなどとの混群がよく見られる。 エナガは日本で2番目に小さい鳥で全長は14cm。嘴が小さく、首のくびれが全くないのでコロンとしたその姿が実に愛らしい。シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ・メジロなどとの混群がよく見られる。 エナガ(留鳥・漂鳥)|日本で2番目に小さい鳥で全長は14cm。シジュウカラ・ヤマガラ・コゲラ・メジロなどとの混群がよく見られる。 ミヤマホオジロ(冬鳥)|全長16cmほどで雌雄異色。黄色い眉斑と喉、そして冠羽が目立つホオジロ類。レンズを通して見ていると鮮やかな黄色がなんとも美しい。洗練さと気品さえ感じる小鳥だ。 ミヤマホオジロ(冬鳥)|学名の『Emberiza elegans』は「優雅で上品で洗練されたホオジロ」という意味らしく、英語名のYellow-throated buntingは「喉が黄色いホオジロ」という意味だ。前者は、ミヤマホオジロの主観的特徴を言い表していて、後者は客観的特徴に言及しているのが面白い。学名「Emberiza elegans」の通り、とてもエレガンスな雰囲気を醸し出している。とても優雅で気品のある小鳥という印象を受ける。 ミヤマホオジロ(冬鳥)|最大の特徴で、個人的に最大の魅力と感じるのは、眉斑と喉が鮮やかな黄色であることだ。もちろん、目先から頬および胸の逆三角形の黒色とコントラストを成しているが故にこの黄色がいっそう引き立っていると言えるだろう。雌雄ともに冠羽があり目立つ。警戒したり興奮したりすると冠羽が三角形の形に高く立つ。 シジュウカラは、市街地の公園の林でも山の中でも季節を問わず普通に見られる。なんと言っても、黒く囲まれた頬の白とネクタイのような胸の黒い縦線が特徴だ。雌雄でほぼ同色だが、ネクタイの幅で雌雄の区別がつく。オスの方が幅広だ。また、繁殖期以外は他のカラ類やエナガ、コゲラなどと混群を作ることでもよく知られている。 シジュウカラは、市街地の公園の林でも山の中でも季節を問わず普通に見られる。なんと言っても、黒く囲まれた頬の白とネクタイのような胸の黒い縦線が特徴だ。雌雄でほぼ同色だが、ネクタイの幅で雌雄の区別がつく。オスの方が幅広だ。また、繁殖期以外は他のカラ類やエナガ、コゲラなどと混群を作ることでもよく知られている。 全長14.5cm前後、留鳥|シジュウカラは雌雄でほとんど同色。頭部から体前面は白と黒のコントラストが目立つ。頭部は光沢のある黒(光によっては、紺色に見えることもある)。頬が白く、しかも黒で囲まれている。この特徴はヒガラと共通する。顎から喉にかけて黒く、ネクタイのように胸から下腹まで縦線となっている。このネクタイの幅が雌雄によって異なるので雌雄の識別ポイントになる。オスの方が幅広く、下腹で太くなっている。太さには個体差があるように思える。 日本最小(約15cm)の小型キツツキ。留鳥としてほぼ全国の平地から山地の林、市街地の公園などに生息している。直径300~500mの縄張り内を木から木へ移動する。その際によく「ギィー」という鋭く大きな声を出す。また、木をつつく「コンコン」という小刻みに聞こえてくる音でコゲラの存在に気が付くことも多い。 日本最小(約15cm)の小型キツツキ。留鳥としてほぼ全国の平地から山地の林、市街地の公園などに生息している。縄張り内を木から木へ移動する際によく「ギィー」という鋭く大きな声を出す。また、木をつつく「コンコン」という小刻みに聞こえてくる音でコゲラの存在に気が付くことも多い。 コゲラは日本最小のキツツキの仲閒。森に棲む野鳥というイメージがあるが、意外なほど身近にいて市街地の公園などでも普通に見られる。
他の木などに移動する際には「ギィー」という鋭い特徴的な声を出すことが多い。幹や枝を裏側に回り込んだり上下したりしながら少しずつ移動する姿が実に愛らしい。 コガラは、体長13cmほどの山に棲む小鳥。雌雄同色。頭部はつやのない黒いベレー帽をかぶったようで、頬は全体的には白い。喉は、面積的にはヒガラほどではないが黒い。顔から体下面は白く、体上面は褐色がかった灰色で下にいくほど濃く、白のストライプが目立つ。 コガラは、雌雄同色で体長13cmほどの山に棲む小鳥。頭部は黒いベレー帽をかぶったようで、喉は、面積的にはヒガラほどではないが黒い。 コガラは、雌雄同色で体長13cmほどの留鳥。シジュウカラ仲閒のヒガラとは異なり、コガラは冬季もほとんどは雪降る山地に留まる。したがって、市街地の公園の林などでは出会うことができない。頭部は黒いベレー帽をかぶったようで、喉は、面積的にはヒガラほどではないが黒い。
ウソは頬だけが赤く胸から体下面は淡い灰色。メスにはこの頬の赤味がない。亜種アカウソは頬が赤く、胸から体下面は赤いものから淡く赤いもの、赤味がほとんど見られないものまでいる。メスには頬の赤みがない。したがって、ウソとアカウソは識別が必ずしも簡単ではない。 ウソは頬だけが赤く胸から体下面は淡い灰色。メスにはこの頬の赤味がない。亜種アカウソは頬が赤く、胸から体下面は赤いものから淡く赤いもの、赤味がほとんど見られないものまでいる。メスには頬の赤みがない。したがって、ウソとアカウソは識別が必ずしも簡単ではない。 ウソは頬だけが赤く胸から体下面は淡い灰色。メスにはこの頬の赤味がない。亜種アカウソは頬が赤く、胸から体下面は赤いものから淡く赤いもの、赤味がほとんど見られないものまでいる。メスには頬の赤みがない。したがって、ウソとアカウソは識別が必ずしも簡単ではない。 メジロは、その体色からか、よくウグイスと間違われるが、和名の由来になった目の周りの太いアイリングが最大の識別ポイントになる。 メジロは、その体色からか、よくウグイスと間違われるが、和名の由来になった目の周りの太いアイリングが最大の識別ポイントになる。 メジロは、その体色からか、よくウグイスと間違われるが、和名の由来になった目の周りの太いアイリングが最大の識別ポイントになる。 ウグイスは、そのさえずりが美しいので、オオルリ・コマドリとともに日本三鳴鳥に数えられています。「ホーホケキョ」というさえずりは日本人ならだれでも知っているでしょうが、秋から冬の間は「笹鳴き」と呼ばれる「チャッチャッ」という地鳴きが聞かれます。 ウグイスは、そのさえずりが美しいので、オオルリ・コマドリとともに日本三鳴鳥に数えられています。「ホーホケキョ」というさえずりは日本人ならだれでも知っているでしょうが、秋から冬の間は「笹鳴き」と呼ばれる「チャッチャッ」という地鳴きが聞かれます。 ウグイスは、そのさえずりが美しいので、オオルリ・コマドリとともに日本三鳴鳥に数えられています。「ホーホケキョ」というさえずりは日本人ならだれでも知っているでしょうが、秋から冬の間は「笹鳴き」と呼ばれる「チャッチャッ」という地鳴きが聞かれます。 ホオジロ(頬白)は、全長17cmほどの留鳥または漂鳥。地上で採食することが多いので、出会い頭に地面から飛び立って初めてその存在に気が付くことも多い。鳴き声で気がつくときは、主に樹のてっぺん、時に電柱や電線などに止まり、天を仰いでいつまでも繰り返しさえずることが多い。そのさえずりは「一筆啓上仕候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」と聞きなしされる。 ホオジロ(頬白)は、全長17cmほどの留鳥または漂鳥。そのさえずりは「一筆啓上仕候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」と聞きなしされる。 ホオジロ(頬白)は、全長17cmほどの留鳥または漂鳥。「一筆啓上仕候(いっぴつけいじょうつかまつりそうろう)」と聞きなしされる。
- HOME -